Top00

Top01

Top02

Top03

Top04

Top05

Top06

Top07

 2020年07月09日: 「2020年7月3日からの大雨による球磨川氾濫」のページを開設しました。
独自編集による地質情報

      電子地図による各コンテンツの選択・閲覧は右のボタンからどうぞ。  

      各ページの概略説明はここにあります。

地質情報の特集ページ[独自編集]

  各画像をクリックすると,当該ページへジャンプします。
自由利用が可能なソフトウエア[独自開発]

  本ウェブサイトで公開されているソフトウェアとウェブページは,どなたでもご自由に使用することができます。
  各画像をクリックすると,当該ページへジャンプします。
関連情報・リンク情報[独自調査]

 ★「ボーリング柱状図公開サイト」は,事務局が独自に調査したリンク情報です。
 ★併設する「位置情報に疑問のあるボーリングデータ」は,当然あるべき位置に掘削点のマーカーが存在しないなど,事務局が位置情報の信頼性に疑問を持っているボーリングデータです。
  利用者の利便性を考えて,あえて実際の業務名称などを公開致します。 皆さんが,これらのデータを利用する際には,必ずご自身でその真偽を確認し,ご自身の責任の下でご利用ください。
ボーリング柱状図公開サイト 位置情報に疑問のある柱状図
このサイトについて

 このサイトは,電子納品の支援,電子成果品の二次利用,災害による地質リスク情報,『日本の奇岩百景』,『日本の地質百選』や『日本と世界の地質案内』などの情報を公開・提供するために,任意団体「GeoInformation Portal Hub(GIPH)」が管理運営するウェブサイトです。

 このサイトでは,原則として,2019年6月に解散した 非営利活動法人地質情報整備活用機構 が整備したコンテンツやソフトウエアを継承しています。
 また,GIPH独自の判断により,コンテンツの加筆・追加・削除・変更,あるいはソフトウエアのバージョンアップなどを実施致します。

更新履歴

 2020年07月09日: 「2020年7月3日からの大雨による球磨川氾濫」のページを開設しました。 「日本の地形千景」のページが100越えました。残り980ページ弱を執筆しています。
 2020年05月07日: 「日本の地形千景」のページを開設しました。 以下の「日本の地形レッドデータブック」のジオサイトを吸収しています。
 2020年04月21日: 「日本の地形レッドデータブック」で紹介されたジオサイトを電子地図上にマークしました。 国土地理院による最新の地形図で,その後の変化がわかります。
 2020年04月01日: 「日本の地質百選Ⅰ,Ⅱ」を独自に紹介する全ページのリニューアルが終了しました。
 2020年03月21日: 「日本の奇岩百景プラス)」全ページのリニューアルが終了しました(一部を除く)。
 2020年03月19日: 「沖縄県のガマと地下壕)」全ページのリニューアルが終了しました。
 2020年02月01日: 本ウェブサイトをリニューアルしました。 主として管理上の理都合により,同じようなジャンルについては,まとめることにしました。
 2020年01月28日: 「全国ボーリング柱状図公開サイト(GeoSurf-Navi )」に,掘削位置情報に疑問のあるボーリング柱状図を指摘するページを併設しました。
 2019年08月15日: 「電子納品の二次利用ページ」に「速度層統一凡例ファイル作成」,「ボーリングデータに速度層情報を追記処理」などを追加しました。
 2019年07月04日: 「地質名所情報」並びに「日本国内のジオパーク」の掲載は終了しました。