電子納品支援,二次利用支援システム
本システムについて
★本支援システムは,2019年7月に解散した(NPO)地質情報整備活用機構(GUPI)が開発したアプリケーションプログラム(アプリ)を利用するためのウェブサイトです。
★近い将来,本ウエブサーバを管理運営する団体等が変更されますが,以下の各システムは従来通りご利用いただけます。
★営利目的,非営利目的にかかわらず,どなたでもご自由にご利用ください。
システム名称 主 な 機 能 使用マニュアル

           
・GPS測定した座標値を表示すると共に,地図上にマーキングする機能があります。
・GPS測定はボタンをタップする都度のモードと,一定時間間隔に自動測定するモードがあります。
・産総研「シームレス地質図」や国土地理院「標高段彩図」など7種類の地図タイルを閲覧できます。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・中心点の座標値・メッシュコード,推定標高値,推定住所を表示する機能があります。
・指定した経緯度と住所に移動し,マーキングする機能があります。
・産総研「シームレス地質図」や国土地理院「標高段彩図」など8種類の地図タイルを閲覧できます。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・電子地図上で始点と終点の位置をマークし,取得間隔などを設定します。
・標高値の自動的に取得し,結果をファイルとして保存することができます。
・標高値は国土地理院の「標高取得API」を使用しています。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・電子地図上でポイント,ポリラインとポリゴンを構成する三次元座標を取得できます。
・三次元座標とは,10進数の緯度,経度と標高で,結果は全てCSVファイルで保存できます。
・参照用として,別途用意した地図(イメージ,jpgなど)をオーバーレイできます。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・業務管理ファイル(INDEX_D.XML)の登録情報の表示機能と,地図上に境界枠を表示します。
・ボーリングデータの主な表題情報等の表示機能と,地図上にすべての掘削位置を表示します。
DTD400 に対応しました。 
・ボーリングのファイル名を表示するように改良しました(2017/06/17)
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・ボーリングデータの旧測地系値を新測地系に変換し,地図上での新旧の掘削位置を表示します。     ../denshi-nohin/denshi-nohin
・ボーリング交換用データに記載されている座標値を電子地図にプロットします。
・国土地理院から最新の標高予測値を取得します。
・GoogleAPIを使用して最新の住所を取得します。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・ボーリングデータに登録されている全ての情報を抽出してCSVファイルに変換します。
・土質試験結果一覧表データに登録されている全ての情報を抽出してCSVファイルに変換します。
 ※地層別(平均)N値や地盤パラメータを集約する際に利用すると便利です。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・土質試験結果一覧表データを「土質試験結果一覧表」として可視化します。
・新旧のデータ形式(STLIST.XML,STBnnnn.XML)に対応しています。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
・地盤の動的特性を纏めた統一凡例です。
 各速度層ごとに区分した速度層番号,地層名,地質記号,地質年代,S波速度値,P波速度値,
 減衰常数,非線形特性,平均粒径D50,細粒分含有率と速度層のカラーコードを保存します。
  準備中  
・速度層統一凡例に使用した「速度層情報」と「上端深度」をボーリングデータに記入します。
・速度層情報は,「<地層岩体区分>タグ」を使用します。 既に使用されている場合は不可です。
DTD400 に対応しました。
  準備中
・速度層統一凡例ファイルと,速度層情報が附記されたボーリングデータを使用します。
・速度層ごとに平均値処理した「N値」などを表示し,保存もできます。
DTD400 に対応しました。
  準備中 
お 断 り :は,個人用ボーリングデータ管理システム に移行しました。
取扱方法 :[IE11]を使用して抽出データなどを「ダウンロード」する方法は