使 用 説 明
 
☆IE11を使用してファイルを保存する場合は,ここを参照して下さい
座標値の読取りと確認処理(パソコン)
 ① 測地系は,通称「世界測地系」WGS84です。
 ② メッシュコードは,日本国内のみで,六次メッシュまで表示します。
 ③ 中心位置の住所検索は,GoogleMaps API V.3 の機能を使用しています。 1日の最大アクセス数が,25,000件までに制限されています。
 ④ 中心位置の標高検索は,国土地理院のAPIを使用しています。 5mメッシュあるいは10mメッシュデータから補間した推定値が得られます。 測定値そのものでは無いので,ご注意ください。
 ⑤ オーバーレイコンテンツは,以下の6種類です。 ズームレベルによっては非表示となる場合があります。 また,国土画像情報(第2期~第4期)と電子国土基本図は,整備されていない地域もあります。
  ・国土地理院: 色別標高図,国土画像情報(第1期~第4期),電子国土基本図(オルソ画像)
  ・農研機構 : 関東地方迅速測図
  ・産 総 研: シームレス地質図(詳細版)
電子地図を使用して,複数の座標値を自由に取得できる処理(パソコン)

 ① 地質断面線などを図化した図面がある場合,西南端と東北端の各緯度・経度値を調べます。 本処理システムの「座標読み取り処理」が便利です。
 ② 図面をイメージデータ(jpgやpng)に変換し,本処理で使用するパソコンに保存します(場所は任意)。
 ③ 本処理の[参照ボタン]を押して当該図面を選択します。 西南端と東北端の各緯度・経度値を入力します。
 ④ [表示ボタン]をクリックすると,当該図面の中心に地図が移動します。 また,適当と思われる拡大率(ズーム)で地図を表示します。

 ⑤ [開始ボタン]をクリックし,測線の開始点で左クリックします。 次いで,全ての屈曲点でも左クリックします。
 ⑥ 測線の終点の座標値が得られたら[終了ボタン]を左クリックします。 読み取った各点を結ぶポリラインやポリゴンが必要な場合は[ラインボタン]をクリックしてください。
 ⑦ [ダウンロードリンク]を左クリックして,データをCSVで保存します。 1度,Note-Padなどで表示し,その機能を使用して保存する方がより確実です。
 注 ポリゴン用のデータを取得する場合は,始点と終点を重ねないようにしてください。 クリック点の赤い輪のマーク内では,左クリックはできません。
ファイルの保存(ダウンロード)について
★「Internet Explorer 11」を使用して,このサイトで作成したテキストデータを保存(ダウンロード)する方法を以下に示します。 
★「Mozilla Firefox」と「Google Chrome」の場合は,メモ帳などの閲覧ソフトを直接開くことができます。 「Notepad」を使用している場合は,途中から参照して下さい。

  ① ダウンロードボタンをクリックすると,上記のようなメッセージボックスが画面の一番下に表示されているので,[保存]をクリックして下さい。
  ② ファイル(上記では,elevation.csv)は,システムの「ダウンロードフォルダ」に保存されます。
   ★ 新しいタブ(ページ)が開いた場合の対象法は,ここをクリックして下さい

  ③ [保存]をクリックすると,メッセージボックスが上記のように変化します。
  ④ [ファイルを開く]をクリックして下さい。 まず「●●.csv」ファイルは,「Notepad」で開きます。

   ⑤ 「Notepad」で開いてデータを確認した後,[ファイル]⇒[名前を付けて保存]をクリックすると,「ファイル名」と「保存先」を変更することができます。
   ⑥ データの文字コードは,上図のように「ANSI(≒Shift-JIS)」に変更してください。
   ⑦ システムの「ダウンロードフォルダ」に保存されているデータファイルは,適宜削除して下さい。



 ★ [ダウンロードボタン]をクリックすると,左図のように新しい「タブ」が表示されることがあります。
 ★ この場合は,新しく開いたタブの「×」をクリックするか,「Ctrl+W」で閉じて下さい。