(仮)円星寺裏の壕   那覇市宇栄原3丁目
記録写真  撮影:2012年12月,2018年5月

円星寺の裏手はお墓ですが、大きな木の根本にニービを掘削した地下壕(矢印)がありました。 撮影:2012年12月。

壕の内部崩壊は無いようですが、反対側の坑口?から地下水が流入した跡が見られました。 撮影:2012年12月。
火炎放射機による黒化と溶解の跡が残っていました。

高熱のために,ニービの表面が1度溶けて固まった,と考えます。 撮影:2012年12月。

この地下壕も埋め戻されました。 植生によりどこにあったかもわかりません。  撮影:2018年5月。
記 事

 比較的新しく発見された壕のようで,『1フィート運動の会活動報告』や那覇市教育委員会のホームページにも記載がありません。

 2012年12月当時には,存在が明らかになっていましたが,2018年5月時点では,対策工事が終わっているようです。 

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
記載がありません。
関連情報
特にありません。
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)