上間1丁目の壕 No.37  那覇市上間1丁目
記録写真  撮影:2012年11月~2018年5月

やっと見つけた壕の入り口(御嶽の右側の窪み)。 民家と民家に挟まれた狭い路地を,右に曲がった先にありました。 撮影:2016年4月。

壕の入り口です。 撮影:2016年4月。

壕の中です。 御嶽の跡が残っています。  撮影:2016年4月。

左に一番下の写真のガマにあった拝壇が移され,右の坑口にはネットが掛けられていました。 撮影:2018年5月。

(左)拝壇(香炉)と,移動したお知らせ。 (右)那覇市による対策工事が行われる,というお知らせ。 撮影:2018年5月。

拝壇が移動する以前(左:2012年11月)と移動した後の状況(右:2018年5月)。 
記 事

 上間1丁目に存在する入り口が狭いガマです。 以下に記載されている粗大ゴミは見当たりませんでしたが,人が立ち入った形跡もありません。
 現在は使われていない御嶽(うたき)のようです。 最近,人の訪れなくなった御嶽が多くなってきたように感じられます。

 2018年5月現在,この地下壕(ガマ)も対策工事の計画があるとのことで,まもなく埋め戻されることでしょう。

 関連情報では住所が「識名4丁目」となっていますが,現地踏査では「上間1丁目」の方が正しいようです。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.10.18 No.37
 ・様  子:全長約100m。 自然洞窟を利用してE字型に構築。 入口3箇所の内2箇所は外から石でふさがれている。
       落盤しやすく石がゴロゴロしている。 多量の粗大ゴミ。
 ・形  態:自然壕・構築
 ・使用者:日本軍
 ・遺  品:なし
 ・土  質:琉球石灰岩,クチャ,ニービ
関連情報
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)