ムラグワヌガマ No.24  那覇市繁多川5丁目
記録写真  撮影:2015年3月,2018年5月

写真右の電柱が「活動報告」に記載のある電柱と思われます。

新しい住宅建築が始まっていました。 壕の入口は確認できませんでした。 撮影:2018年5月
記 事

繁多川5丁目,スーパーサンエーの近くに存在したガマです。

対策工事が行われ,地下壕はエアーモルタルで充てんされました(那覇市の工事発注公開資料)。

2018年5月に再訪したところ,当該住宅の建て替え工事が行われており,敷地がほぼ更地状態でしたが,坑口らしきものは確認できませんでした。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.2.28 No.24
 ・様  子:全長約7m。 以前は道を隔てた向かいの家までガマは続いて,もう一つの入口になっていた。
       現在は下水工事時の鉄板が遮っている。 電柱がガマ内まで突き抜けている。
 ・形  態:自然壕
 ・使用者:民間(編者 町内会?)
 ・遺  品:なし
 ・土  質:クチャ,琉球石灰岩(編者)
関連情報
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)