GUPI Free Website
ホーム
 
GUPI Free Website について
★GUPI Free Website は,2019年7月に解散した(NPO)地質情報整備活用機構(GUPI)が開発したアプリケーションプログラム(アプリ)を公開するためのウェブサイトです。
★近い将来,公開用のウエブサーバの管理運営する団体等が変更されますが,本ページや以下の各システムは従来通り閲覧・利用が可能です。
★営利目的,非営利目的にかかわらず,どなたでもご自由にご利用頂けます。
システム名称 主 な 機 能
☆Portal Hub のサーバにアクセスするだけで,地図検索と一覧表検索が可能です。
☆個人のパソコンに保存したボーリング交換用データ(XML)からデータベース(メタデータ)を作成します。
☆国土交通省の電子納品要領(地質・土質)に準拠したボーリング交換用データと,同電子柱状図が必要です。
☆利用者のパソコン内部で一切の処理が完結するので,データがサーバーに送られることはありません。 
☆地図検索にはGoogle Maps API V3. を使用しますが,ライセンスキーは当 Portal Hub が取得しているものを使用します。
☆ウェブサーバを使用して,電子地図検索と一覧表検索を行います。
☆サーバ内に保存しているボーリング交換用データ(XML)からデータベース(メタデータ)を作成します。
☆国土交通省の電子納品要領(地質・土質)に準拠したボーリング交換用データと,同電子柱状図が必要です。
☆地図検索にはGoogle Maps API V3. を使用します。 利用に当たっては,ご自身で取得したライセンスキーが必要です。
① 位置座標値の読取りと確認処理(スマートフォン,タブレット) 数種類の地図をオーバーレイできます。
② 位置座標値の読取りと確認処理(パソコン)。 数種類の地図をオーバーレイできます。
③ 地形断面の標高データを取得する処理。 ④ 電子地図を使用して,複数の座標値を自由に取得できる処理。
⑤ 地質・土質成果とボーリング交換用データの位置座標を確認する処理。 ⑥ ボーリング交換用データの位置座標の測地系を変換する処理。
⑦ ボーリング交換用データの位置座標から標高と住所を評価する処理。  ⑧ 土質試験結果を抽出する処理。  ⑨ 土質試験結果一覧表を描画する処理。
☆本管理システムは,『 』の刊行で開発された,『 』の主な部分を継承しています。
☆地質・土質成果電子納品要領にした電子成果品(CD等)から,地質調査報告書データベースを構築すると共に,管理・閲覧するシステムが構築できます。
★地質・土質調査成果電子納品要領(平成28年10月版)に対応しています。
☆インターネットに直結しているウェブサーバはもちろん,Windows-IIS による localhost でも十分動作します。
☆地図検索にはGoogle Maps API V3. を使用します。 利用に当たっては,ご自身で取得したライセンスキーが必要です。
更新履歴
★2017年06月10日: 地形断面の標高データを取得するウェブサイト(処理)を公開しました。
★2017年05月05日: 地質調査報告書管理システムのソースコードを提供しました。 サーバ設置型のボーリング管理システムを仮公開しました。
★2017年04月20日: 個人用ボーリング管理システム、電子納品支援システム及び地質調査報告書管理システムを、地質・土質調査成果電子納品要領(平成28年10月)に対応させました。
★2017年03月20日: 本システムの稼働を開始しました。